DMM英会話【料金の安さの裏側】と【お得な支払い方法】

DMM英会話【料金の安さの裏側】と【お得な支払い方法】

 

お得な支払い方法から講師のギャラまで、DMM英会話の「お金」にまつわる情報をまとめました。『振替レッスン』を賢くゲットする方法も必見です!

 

 

無料体験レッスン今なら3回に増量!

6月7日23:59まで限定キャンペーン!

完全無料!DMM英会話の体験レッスンはコチラ

完全無料!DMM英会話の体験レッスンはコチラ

 

1.DMM英会話の税込価格

受講料

【表】月額制

コース

料金(税込)

1コマ当たり

1日1回レッスン

5,980円

192円

1日2回レッスン

9,980円

161円

1日3回レッスン

13,980円

150円

※1レッスン25分
※全マンツーマンレッスン

 

 

入会金

なし

 

教材費

0円
※オリジナル教材、出版社提携教材、合わせて40000を超える教材有り

 

 

2.安かろう悪かろう!?DMM英会話がここまで安い理由を暴け!


駅前留学をはじめ、一般的な通学型英会話スクールでは1レッスン(約50分)7,000~8,000円という相場の中、DMM英会話は50分(2レッスン)で約322円という破格!でも「安かろう悪かろう」という疑念や不安ありませんか?

 

私は正にDMM英会話の「安い!」という評判に抵抗があり、しばらくの間避けていました。(実際、元々割高なオンライン英会話を利用していました。)

 

そんな私がひょんなことからDMM英会話の体験を受けてみて、その考えは180度逆転!すぐにDMM英会話に乗り換え1年程経ちましたが、なぜDMM英会話がこれほど安いのか?分かりました!

 

DMM英会話が安い4つの理由

講師の就労ビザと異国生活の問題

日本で英会話スクールを経営する知人によると、外国人講師を採用する場合、就労ビザの取得はとてもハードルが高く日本への長期滞在自体が難しいため、経営者にとっても長期的に安定して外国人講師を確保するのは非常に難しい問題なのだとか。さらに生活習慣など価値観の違いから帰国を早める講師も後を絶たないと言います。

 

その点オンライン英会話なら、講師たちは自国の、しかも自宅で仕事が出来る!なるほどこれなら、生活習慣やビザの問題がないだけでなく、住宅補助や通勤手当も必要もありません。

 

現地採用・現地雇用なら、豊富な候補者から優秀な人材選べるほど、経営者側も余裕を持って講師の安定確保ができるという訳です。

 


オフィスは自宅!

オンライン英会話スクールの多くはフィリピンにオフィスを構えているものの、7,000人以上もの講師を抱えるDMM英会話の様な会社はその殆どの講師が在宅勤務。

 

一昔流行った「駅前留学」が駅前一等地にオフィスを構えるのが必須だったことを考えると、オフィスの数や規模、そして日本とフィリピンの物価の違いからもコスト削減率は一目瞭然。光熱費や設備費まで考えるとそのコスト差は歴然です。

 

 

フィリピン人講師のお給料事情

先日、フィリピン人講師とのフリートークで、「なぜ今の仕事を選んだのか?」聞かれたので聞き返した所、「お給料が良い!」という回答が返ってきてビックリしました。

 

そのお給料額をズバリ聞いてみると・・・「25分間で55ペソ」だそうです!

 

現在のレートで日本円に換算すると約126円。時給に換算すると約300円です。これこそが物価の違いなのでしょう。

 

ちなみにその先生は「講師歴3年以上」で、生徒からの「お気に入り」登録数は2000以上の人気講師です。完全歩合制の世界なので、人気講師は儲けて残る、指名が入らない講師は辞めていく・・・

 

講師が精査されていくというこの現実は、生徒にとっては「高いコスパ」にも繋がる好循環の一因になっていると言えます。

 

 

「莫大な資金力」と「グローバル展開」

ここまで(1から3までの理由)はDMM英会話に限らず、大手オンライン英会話に共通する安さの理由といえるかもしれません。では、大手オンライン英会話会社の中でもDMM英会話が際立って安い理由は・・・

 

ズバリ「莫大な資金力にある!」と私は見ています。

 

DMM英会話を運営する「株式会社DMM.com」は、主にネット通販やビデオ・オン・デマンドなどを行っていて、グループ会社にはDMM.com証券なども抱える大企業です。DMM英会話のTVCMといえば「おぎやはぎ」の矢作さんやホリエモンが頭に浮かぶと思いますが、他のどんなオンライン英会話よりも露出が激しいのもその資金力の賜物です。

 

では、これほど広告宣伝費をかけてさらに安くレッスン提供しているのはナゼか?

ここからは推測に過ぎませんが、世界に向けてブランド拡大を急加速させるためにまずは市場シェアの拡大をしておきたい!という狙いがあるのではないでしょうか。それは、DMM英会話が2015年にグローバル展開に向けて打ち出した新ブランド「engoo」からも伺えます。

 

激しい価格競争が繰り広げられているオンライン英会話スクール間の中でも「安さ」で頭一つ抜き出ることによって他社からの乗り換えを獲得し、世界へサービス拡大する足場を作っているようにも見えます。

 

DMM英会話のことはCMなどで知っているけどなんだか胡散臭い(CM効果)

軽い気持ちで無料体験レッスンに参加してみた(キャンペーン効果)

その安さと質の良さに心を奪われてしまった(価格競争力)

他社からDMM英会話に乗り換えた!(シェア拡大!!)

 

という、正に私が辿ってきた道のりこそが、DMM英会話が狙う戦略パターンなのでしょう。(まんまとハマってる私。笑)安さの秘密は、今どうしても価格で負けるわけにはいかない!というDMMの気合の表れかもしれません。理由はどうであれ、安さの裏を知り納得できれば、安心してお得に英会話を学ぶことが出来ますね。


無料体験レッスン今なら3回に増量!

6月7日23:59まで限定キャンペーン!

完全無料!DMM英会話の体験レッスンはコチラ

完全無料!DMM英会話の体験レッスンはコチラ

 

3.実は高い?料金の落とし穴に要注意!


DMM英会話では「1レッスン150円」と大きく謳っていますが、この「150円」って実は「1日3回プラン」でさらに「毎日」受けた場合のことだということ、ご存じですか。

 

実際に一番利用者が多いのは「1日1回プラン」。しかも「1ヶ月1日も欠かさず」という人は意外と少ないのではないでしょうか?ではここで、一般的な例で1回あたりの受講料を考えてみましょう。

 

《例》「1日1回プラン」の1回あたりの受講料

【CASE①】「1日1回プラン」で「毎日」受けた場合

1レッスン=199円
(1回レッスンあたり:5,980÷30=199)

 

【CASE②】「1日1回プラン」で「週5回」受けた場合

1レッスン=280円
(受講回数:30日×5/7=21.4日/月)
(1回レッスンあたり:5,980円÷21.4日=280円/回)
(※1ヶ月=30日として計算)

 

この落とし穴はDMM英会話に限ったことではありません。どこのオンライン英会話スクールでも一番安い「毎日プラン」の場合は同じことが言えます。

 

そう考えるとやっぱり、月額料が絶対的に安いDMM英会話は「安い!」という結論に変わりはなさそうですが、1レッスン単価で考える場合はくれぐれも、自分の「コース」と「受講可能頻度」で実際の1回レッスン料がいくらになるのか計算してみることをオススメします。

 

無料体験レッスン今なら3回に増量!

6月7日23:59まで限定キャンペーン!

DMM英会話無料体験の詳細を見てみる

DMM英会話無料体験の詳細を見てみる

 

4.プリペイド式支払い方法の『DMMポイント』ならpaypalも楽天ID決済もOK!

 

DMM英会話の支払い方法には2つの選択肢があります。

  1. クレジット決済
  2. DMMポイント決済

 

クレジットカード決済のメリット・デメリット

◯支払い手数料がかからない
◯クレカ独自のポイントが付く
◯銀行などに足を運ばずパソコンで支払い操作ができる
◯自動払いにしておけば払い忘れす心配がない
×発行に審査があるのでカード時代を所有できない可能性がある
×ネットでの情報漏洩が不安

 

こんな人には『クレジットカード』決済がオススメ

-DMMポイントにチャージして残金を無駄にしたくない人
-DMM英会話以外にDMM商品やサービスを購入しない人


 

DMMポイント決済のメリット・デメリット

(※「DMMポイント」についての詳細は次の項をご参照ください。)

◯クレジットカード1%ポイントバックにより溜まったポイントが使える
◯チャージ方法にはクレカや銀行振込の他、paypalや楽天ID決済など沢山の入金方法を選べる
×溜まったポイントを返金・換金することが出来ない
×チャージ方法によっては手数料がかかる

 

こんな人には『DMMポイント』決済がオススメ

-クレジットカードを持っていない人
-ネットでクレジットカード決済をするのは不安な人
-DMM英会話だけでなくDMMで商品やサービスを頻繁に購入する人


 

学生でも大丈夫!18歳から年会費無料で申し込めるVISAカード
  • 「クレジットカードにしたいけどまだ学生で収入がないから持てない」
  • 「勤務先や収入でクレカの審査になかなか通らない」

という人には、18歳から25歳限定で年会費無料、ポイント2倍のネットから申し込めるVISAカードもあります。

 

三井住友VISAカードのポイント2倍学生カード

 

 

『DMMポイント』について

DMMポイントとは?
  • DMMで使えるプリペイド式支払い方法です。
  • 1ポイント=1円 としてDMM英会話のレッスン料金を支払うことが出来ます。
※2015年4月7日から、それまでの「DMMマネー」「ポイント」「DMMギフト券」の3種類が「DMMポイント」の一つに統合されました。

(それまでの各残高は合算されます)

 

DMMポイントへのチャージ方法

下記の各種決済方法によりチャージ出来ます。

  • クレジットカード
  • 携帯支払い(ドコモ、au、ソフトバンク)
  • 銀行振込
  • WebMoney
  • ビットキャッシュ
  • DMMプリペイドカード
  • Edy(Edy/MobileEdy)
  • Suica(Suica/モバイルSuica)
  • コンビニ店頭支払い
  • 楽天ID決済
  • PayPal
  • ビットコイン

 

チャージ手数料

上記のチャージ方法のうち、銀行振込の一部の場合(=りそな銀行からの通常振込)を除いては手数料は全て「無料」です。

 

ポイントの使いみちは?

「DMM.com」「DMM.R18」の各種サービスで利用可能です。(一部除く)

 

返金・換金は?

貯めたDMMポイントの返金・換金は一切出来ません。

 

DMMポイント「クレジットカード1%ポイントバック」とは?

DMMで商品やサービスを購入する際、支払い方法にクレジットカードを選択すると、支払い金額に対して1%のDMMポイントが付与されるものです。

 

無料体験レッスン今なら3回に増量!

6月7日23:59まで限定キャンペーン!

DMM英会話無料体験の詳細を見てみる

DMM英会話無料体験の詳細を見てみる

 

 

5.DMM英会話『領収書』発行方法


DMM英会話会員ページの右上にある「お客様情報」ページをクリックします。

 

「お客様情報」ページをクリック

 

矢印

お客様情報ページの一番下にある「購入履歴」をクリックします。

 

「購入履歴」をクリック

 

矢印

発行したい履歴の領収書欄にある「発行する」をクリックします。

 

領収書欄にある「発行する」をクリック

 

矢印

社名・宛名を入れることも出来ます。

 

社名・宛名を入れることも出来ます

 

矢印

内容を確認の上「領収書を発行する」をクリックします。
領収書画面にて、「印刷する」ボタンをクリックすれば印刷できます。

 

 

6.『引き落とし』のタイミングが退会申請時期のカギ


「課金日」「有効期限」を知ることで退会の申請タイミングも見えてきます。

 

DMM英会話の「課金日」(引き落とし日)

毎月の決済は、申し込み日から1ヶ月ごとの自動更新です。

 

DMM英会話の「有効期限」

初月の有効期限は「入会日+1ヶ月」、つまり、初月の利用期間は「1ヶ月+1日」ということになります。

 

有効期限は「入会日+1ヶ月」、つまり、初月の利用期間は「1ヶ月+1日」
※画像はDMM.comの公式サイトよりお借りしています。

 

退会申請〆

次回支払日の前日(=有効期限最終日)までに退会手続きを完了すれば、それ以降の支払いは発生しません。
また、有効期限を残して退会手続きをしても有効期限日の24時までは英会話などのサービス利用が可能です。

 

よって、退会を検討する際には「有効期限最終日」(=引き落とし決済の場合は引き落とし日前日)が退会日を決めるカギになるので要チェックです。

 

無料体験レッスン今なら3回に増量!

6月7日23:59まで限定キャンペーン!

完全無料!DMM英会話の体験レッスンはコチラ

完全無料!DMM英会話の体験レッスンはコチラ

 

 

7.入会金不要だから「休会」に縛られず入退会自由!


DMM英会話に休会制度はありません。ただし、入会金や退会違約金は一切ありませんので、お休みしたい期間はDMM英会話を一旦解約し、再開したいタイミングで再入会すれば問題ありません。

 

さらに再入会した際にはレッスンノート、お気に入り講師登録、単語一覧、レッスン履歴などが自動的に引き継がれますので、仕事の繁忙期や試験などのスケジュールに合わせて、無駄なく入退会をすることが出来ます。

 

 

8.トラブル発生!?『振替レッスン』を賢く頂くポイントは「5分」の法則!


いくら安くてもスカイプの回線状態や講師の遅刻などでまともにレッスンを受けられないようでは困りものです。そんなトラブルに備えて、DMM英会話では以下の様な振替レッスン(プラスレッスンチケット)提供についてのルールが有ります。

 

振替チケットが提供されるケース

  • 停電や回線不良など、講師側の原因でレッスンが5分以上短くなってしまった場合
  • DMM側の都合で生徒がレッスンを受講できなかった場合

 


振替チケットが提供されないケース

  • 講師側に原因があっても、レッスン時間の延長などで5分以上短くならなかった場合

 

経験上、講師の体調不良や回線不良でレッスンが受けられなくなることは1ヶ月に1度位のペースで、講師がレッスンを忘れてしまったり遅刻してしまったりするケースは2?3ヶ月に1度位のペースで発生します。

 

予約時間になっても「先生からのスカイプコールが鳴らないな?」と思うと、つい焦ってこちらからコールしてみたくなるものですが・・・

 

ここでちょっと我慢!

 

その時に重要なのが、ルールに明記されている「5分」です。

 

「遅いな?」と思っても5分はじっと待ち続けます。
そして自分からコールするなら5分以上経過してから。

 

ここで講師が生徒からのコールを受けて遅れてレッスンが始まったとしても「5分」以上レッスンが短くなっていればルールに従って「振替レッスン」チケットが提供されるというわけです。(※但し、延長対応などで5分以下のレッスン短縮になった場合はその限りではありません。)

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

DMM英会話のレッスン料をpaypalで支払うことはできますか?

DMM英会話では「paypal」決済は取り入れられていません。
但し、DMMポイントにチャージする方法として「paypal」を使うことは可能です。

 

※paypalとは?
予めペイパルにクレジットカード情報を登録しておくことによって、支払先(DMM英会話)にクレジットカード情報を伝えること無くIDとパスワードだけで決済する方法です。
PCI DSS(クレジットカード情報保護のための国際セキュリティ基準)に準拠している安全な取引方法です。

 

無料体験レッスン今なら3回に増量!

6月7日23:59まで限定キャンペーン!

DMM英会話無料体験の詳細を見てみる

DMM英会話無料体験の詳細を見てみる